法定 相続 情報 一覧 図。 「法定相続情報一覧図」(法定相続情報証明制度)がスタートします!~相続手続きの際の負担軽減策~

法定相続情報証明情報の取得方法と便利な使い方

相続 一覧 法定 図 情報

😂 亡くなった人の最後の住所地• 再 交付に必要な書類は、 基本的には、再交付申出書と運転免許書等のコピー等の本人確認書類だけ です。 原本還付請求もできます。 法定相続情報一覧図に相続人の住所を記載する場合に必要となる書類 この場合には、各相続人の住民票記載事項証明書(住民票の写し)が必要です。

「法定相続情報一覧図」(法定相続情報証明制度)がスタートします!~相続手続きの際の負担軽減策~

相続 一覧 法定 図 情報

👌 記載例() 再代襲が生じ、法定相続情報一覧図が複数枚にわたる場合(配偶者・子複数名・子についての代襲者を更に代襲)• 預貯金の名義変更や解約• (法定相続情報一覧図の写しの下部には、「相続放棄に関しては、本書面に記載されない。 その他の必要書類は相続手続きを行う上でいずれにせよ必要になるものであり、必要書類の収集の手間は法定相続情報証明制度を利用することのデメリットとはいえません。 なお、窓口で受け取りの際は 申出書に押印した印鑑の持参をお忘れなく! (受取り時に受取書に自署押印する必要があるため) また、郵送での受け取りを希望する場合は、返信用封筒と郵便切手の準備を忘れなく! こうした流れを経て、一覧図がやっと手元にやってきます。

1

法定相続情報証明制度とは 一覧図の書き方もイチから解説

相続 一覧 法定 図 情報

🤐 なお、代理人となることができるのは、 (1)法定代理人(未成年の場合の親や成年後見人など) (2)民法上の親族 (3)資格者代理人(行政書士、司法書士、弁護士、社会保険労務士、土地家屋調査士、弁理士、税理士、海事代理士に限る) に限られます。 登記と併せて依頼するなら司法書士に、相続税申告と併せて依頼するなら税理士に、遺産分割協議と併せて依頼するなら弁護士がお勧めです。 また、申出人の本人確認書類として、運転免許証のコピー等(原本に相違ない旨を記載し、署名捺印)も提出します。

20

【法定相続情報一覧図】サンプルあり。初心者向け解説|ファイル行政書士事務所

相続 一覧 法定 図 情報

🖐 申出書に上述の必要書類と法定相続情報一覧図を添付して提出します。

10

法定相続情報一覧図の写しを使って相続登記をオンライン申請(特例方式)

相続 一覧 法定 図 情報

🤞 また、再交付が受けられる期間は、申出の翌年から5年間です。 戸除籍謄抄本や住民票は、申出後に返却されます。

10

法定相続情報証明制度の具体的な手続について:法務局

相続 一覧 法定 図 情報

😈 法定相続情報一覧図の写しは、戸籍謄本等の代わりであって、相続関係説明図ではない。 相続税法第15条、18条等 単に相続人の続柄を単に「子」と記載した一覧図は、相続登記にはそのまま利用できますが、相続税の申告には一覧図のみでは「被相続人に養子がある場合」の判断ができませんので、結局、それを判断する戸籍を添付して補完しなければならないでしょう。

7

法定相続情報一覧図の写しを使って相続登記をオンライン申請(特例方式)

相続 一覧 法定 図 情報

⚑ 記載例( ) 申出書への記入 法定相続情報証明制度を利用するための申出書は、 正式には、「法定相続情報一覧図の保管及び交付の申出書」といいます。 どのように記入すればよいかの記入見本と様式は法務局のホームページに掲載されていますが、1文字でも戸籍謄本などの記載と違う場合は訂正を求められます。 戸籍を取り寄せる方法については下記の記事を参照してください。